初心者でもできる先物取引

この記事をシェアする

初心者向け

日経先物225miniという商品があります。

これは、日経先物225のミニ版で証拠金が少なくて済みます。そのため初心者でも入りやすい商品です。

株式投資の鉄則である分散投資の一種とみることができて、少ない証拠金で分散投資が実現できる商品です。

証券会社によっても異なりますが、日経先物225の証拠金が、日経平均株価が2万円前後とすると100万弱なのに対して、10万円で済んでしまうのです。

注意すべき点は、損切りの仕組みとセットで運用することです。いくら入りやすくても損切りしなくては、損失はどんどん膨らむ可能性があります。そうなると初心者向きとは言えなくなってしまいます。

その点だけ注意すれば、一般の株式で分散投資するよりも少ない資金で同様の効果が期待できます。

投資の勉強として

日経先物225miniを投資の勉強として割り切ってしまう活用方法があります。

証拠金5万円で始めます。そして1枚が100万円の日経225miniを買うのです。

そして忘れていけないのは損切りです。50円の変動がでたら逆指値で買って損切りするようにします。そうすれば全部失敗しても5万円で10回、初心者でも普通1ヶ月は取引ができます。

そうすることで、実際の取引で投資の勉強をすることができるのです。1ヶ月の投資の実体験と1回5千円のセミナーに10回通うのとどちらがより役に立つかは明らかです。

繰り返しますが投資と考えるにしても、勉強と考えるにしても損切りだけは忘れないでください。

初心者に限らず先物取引と上手に付き合うには損切りは必須のシステムです。安全弁はしっかり取り付けましょう。